信頼できる専門家に任せる!業者選びで決まるマンション大規模修繕
ロゴ

Repair Work

マンション大規模修繕は専門のコンサルタントを雇ってスムーズに行う

信頼できる専門家に任せる!業者選びで決まるマンション大規模修繕

マンション

設計書作成のコツ

設計図はその後施工業者が見積もりを行うための重要な資料となります。これに間違いがあると大きな費用がかかる原因にもなるので慎重に作成が必要です。修繕箇所、優先順位の記載が必要なのは言うまでもありません。修繕プランがある程度できており、必要なタイルの枚数や防水の範囲などがわかっているときは追記しておきましょう。情報は多いに越したことはありません。

工事業者の選定は慎重に

つい意識が言ってしまうのは希望通りの納期を満たせるか、予算の金額でできるかということですが、工事の実績やコミュニケーション体制なども考慮に入れましょう。安い、早いには理由があります。納得できる理由ならまだしも、工事業者からの回答だけに安易に飛びつくのは危険です。長い期間、様々な情報共有を行いながら工事を進める必要があるのです。しっかりとコミュニケーションがとれる体制を作ってもらえるところが安心でしょう。

マンション大規模修繕による住人への影響

一度大規模修繕を始めてしまうと住人には大きな影響を及ぼします。工事中の箇所は使用できなくなり、それがベランダなど普段個人で使用している場所であれば私物の撤去が必要です。各戸の水回りやドアの内側の工事ともなれば立ち合いが必要なケースもあります。工事用の重機を使用することに伴う危険や騒音もある程度容認しなければなりません。

マンションコンサルタントを利用する場合としない場合を比較

適正かを判断するコンサルタント

マンション大規模修繕の内容が適切かつ相場通りの価格で実施されているかを監視するのは素人ではなかなか難しいです。コンサルタントは専門家の目で業務として監視を行うので、トラブルを防ぐことができます。

コンサルティングを依頼しなければ費用はかからない

当然コンサルティングにも費用が必要です。大手不動産会社に依頼するとそれだけで数百万に上るケースもあります。費用は節約できますが、リスクを背負いながら監視する必要があります。

広告募集中