化粧品でアトピーを改善する【ナチュラル素肌美人への道】

笑顔

皮膚炎を克服するために

ボディー

病院での治療

アトピー性皮膚炎は、アレルギーが関係して起こる皮膚の炎症です。痒みを伴う湿疹が長く続き、アトピー性皮膚炎に悩む患者は少なくありません。また原因もはっきりとは解明されておらず、完全な完治を目指すのは難しい病気とも言われています。アトピー性皮膚炎は永くアレルギー反応によるものとされていました。しかし、アレルギー反応を示す物質と直接的に関係していないケースもあり、原因の特定が困難となっています。その為、症状を抑えるための対症療法が広く用いられてきました。皮膚科での標準的な治療としては、ステロイド外用薬やアレルギーに対する内服薬など、薬での治療が中心となっています。しかし、継続的なステロイド外用薬の使用は問題も多く注意も必要です。

日常生活で気を付けること

薬での治療の他に保湿剤などを用いた皮膚の保護が有効とされ、皮膚科でも推奨されています。アトピー性皮膚炎の患者に多く見られるのは、皮膚の慢性的な乾燥状態です。保湿によってそれを改善させることがアトピー性皮膚炎の治療にもつながります。また普段の生活にも改善の糸口はたくさんあります。生活環境を適度に清潔に保つことや、湿度を一定に保つことも有効とされています。食生活も重要視され、アレルギー反応のある食品をさけたり、肌の再生を助けるような食品を積極的に摂ることでアトピー性皮膚炎を改善する場合もあります。また直接皮膚に触れる衣服の素材や、それを洗うための洗剤、石鹸やシャンプーなどを変えることで症状が改善されたケースも多く存在します。