化粧品でアトピーを改善する【ナチュラル素肌美人への道】

笑顔

肌トラブル解消のヒント

化粧品

強いかゆみの湿疹が特徴

アトピー性皮膚炎は、乾燥肌の傾向にある肌質の方がかかり易い皮膚疾患で、アレルギーの一種と定義されています。皮膚炎の特徴としては、全身にかゆみの強い湿疹が出ます。皮膚科で治療が行われており、外用薬を用いて炎症を抑え改善させるのが一般的です。外用薬を使用するとかゆみを強力に抑制することができる一方、慢性化しやすいのも特徴で、スキンケアで肌のバリア機能を向上させることが重要と言われています。アトピー性皮膚炎向けに開発された化粧品は多数販売されており、皮膚科医が開発したものはドクターズコスメとして皮膚科や美容外科でも販売されています。それらを使用してスキンケアを行うことで、乾燥した肌を潤し、かゆみを防ぎアトピーを改善させることができると考えられています。

スキンケアで保湿が大切

アトピー性皮膚炎の肌は、水分油分ともに少ないのが特徴ですので、洗顔にも注意が必要とされています。脱脂力の強いものは肌トラブルを起こす可能性がありますので、必要なうるおいを保持したまま汚れのみを優しく落とすタイプが推奨されています。保湿は化粧水や乳液タイプがありますので、使用感の好みや肌質に合わせて使用することができます。アトピー改善のために有効と口コミでも話題の商品は、多くのものが保湿力に優れ添加物を含まない傾向にあります。アトピーを改善させるためには低刺激タイプが好ましいと考えらえていることから、香料や着色料が入っておらず、鉱物油なども含まないタイプが人気です。アトピー肌用のスキンケア商品は、薬局でも購入できます。