化粧品でアトピーを改善する【ナチュラル素肌美人への道】

女性

トラブルのない肌へ

クリーム

アトピー肌は、湿疹があってかゆみを伴うケースが多いのです。そこで、アトピー改善専用の化粧品を使いましょう。また、刺激をあまり与えずに、かゆみを誘発する乾燥を防ぐために保湿も心がけましょう。

読んでみよう

肌の状態を良くするために

肌を触る人

刺激の少ない保湿剤を

アトピーに悩む人にとって、一番辛いのは皮膚の乾燥でしょう。アトピーの乾燥状態は乾燥肌などとは比べ物にならず、かゆみを伴い、常に肌を掻き毟りたくなります。場合によってはただれて、痛みを伴うこともあります。改善しようにも、市販の化粧品で保湿をするだけでは足りないでしょう。アトピーがこのようになる理由は、角質層に水分を保持する力が弱いからです。また外部からの刺激を和らげる働きが弱まり、ダメージを受けてしまうという点も挙げられます。アトピー肌に必要なものは、大原則として刺激の少ない保湿剤です。敏感肌用の保湿剤を選ぶのがマストでしょう。形状も、水っぽいものは肌に沁みる場合があるため、ミルクやクリーム状などよりマイルドなものを選ぶと良いでしょう。

重要なのは規則正しい生活

刺激の少ない保湿剤を選んだ後は、保湿した成分を留めておくための保湿剤も必要です。ちょうど皮膚に蓋をするようなイメージです。そのためミルクなどの軽いものではなく、濃厚なクリームやオイルなど、しっかりと水分に蓋ができそうな形状を選ぶと良いでしょう。これだけで改善が見られない場合は、最初の保湿剤と蓋の間に保湿成分を挟みましょう。この場合の保湿成分は、水分を抱えて離さないような成分を選ぶと良いでしょう。セラミドは人の肌にもともと存在する保湿成分であり、刺激も強くなくてお勧めです。またアミノ酸も、比較的刺激が弱く、手に入りやすい保湿成分でしょう。しかしアトピーの改善に重要なのは、肌のケアだけではなく、規則正しい生活を送ることです。身体の抵抗力を高めるということは、すなわち肌の抵抗力も高まるということです。身体全体でアトピーを改善していくと良いでしょう。

皮膚炎を克服するために

ボディー

アトピー性皮膚炎は根気よく治療を続けていくことで十分に改善が見込まれる病気です。皮膚科での治療も大事ですが、生活環境や食生活・使っている日用品など普段の生活を見直すことで、症状を軽くし快適に過ごすことが目指せます。

読んでみよう